【今年がラストチャンス】エアーズロック(ウルル)の登山が危険はウソ!小学生も問題なく登ってます




日本人観光客に人気のエアーズロック(ウルル)の登山ですが、

2019年10月26日から登山が全面禁止になります。

登山したいけど死亡事故もあったし危ないんでしょ?

主婦リス
なんて思っている方がいましたら、何も心配することはないので1人でも家族とでも登山が禁止になる前に登りに行っちゃってください。

小学生の子供を連れた家族も登っていますし、サンダルで登っている外国人もいます。

本当に危ないところでしたらこのような人達はいませんよね?

なぎさ
エアーズロックの登山が危険という誤解を解いていきたいと思うので、既にエアーズロックへの旅行の予約をした方も、これから予約しようと考えている方も是非読んでみてください。
注意点

エアーズロックの登山は決して危険ではないですが、それは極当たり前な以下のことを守った場合に限ります。

  • 立ち入り禁止の時は入らない
  • 道の端を歩かない

破った場合は命を落とす危険もあるため絶対に止めてください。

 


出典:オーストラリアツアーズ.jp

普通に真ん中を歩いていれば何も問題ないですが、端はこんな風に崖になっている部分もあるので注意が必要です。

登頂までに端を通る必要はないので、写真の外国人観光客のように不用意に近寄らないでください(笑)



エアーズロックの登頂は紛れもなく登山です

エアーズロックの登山はどのようなものだと考えていますか?

主婦リス
正直なところ私は岩山の周りをぐるぐる歩いて登るくらいに考えていました。

実際は、最大傾斜45度以上の坂を鎖につかまりながら登る箇所もあり紛れもなく登山です。

まずはそのことを頭に入れて

  • 服装や靴はどうするか
  • 1時間近く登る体力があるか
  • 足腰がしっかりしているか

などを考えていく必要があります。

ただし、決して難易度が高いものではなく小学生やサンダルを履いた外国人も問題なく登頂に成功しています。



最大の難所は序盤の鎖区間

エアーズロックの登山を知らない人がみんなびっくりするのが麓から見える急傾斜の鎖の光景です。


出典:いい歩きドットnet

最大傾斜45度以上の坂を鎖につかまりながら登ります。

ここで登山を断念する人もいます。

  1. 落ちるのではないかという恐怖で断念する人が半分
  2. 体力に自信がないと断念する人が半分

といったところでしょうか。

昔からあるこの遊具。

これを500mくらい登れる自信があるなら鎖区間は大丈夫です。

落下するのではないのかという恐怖に打ち勝ち、この序盤に訪れるエアーズロック登山最大の難所を越えた人だけが頂上を目指せます。

なぎさ
鎖から手を放したくらいでは転げ落ちる心配はないので安心してください。



アップダウンを繰り返して頂上へ

普通に登っていれば特に危険と思うところはないのですが、あえて言うなら序盤の傾斜のきつい鎖区間のみです。

その先は記憶では1か所だけ手を使って岩をよじ登る箇所があるだけで、後は延々と続くアップダウンの道を進むだけです。

高齢の方や普段運動全く運動しない方だと膝にくるかもしれませんが、小学生でもひょいひょい進んでいくような道なのであまり心配はいりません。

写真ではわかりにくいかも知れませんが地面には白い線が書いてあり、その付近を歩いていればまず落下など有り得ない安全な道を進めます。

登山と下山にかかる時間

混み具合にもよりますが、

  • 登山は45分~1時間位
  • 下山は30分~45分位

かかります。

ツアーで組まれている時間はそこまで長くないと思うので、これを大幅に上回るようでしたら残念ながら途中で断念することも頭に入れておいてください。

服装と持ち物はなんとなくで大丈夫

登山と言っても富士山を登る時のように身構えて服装や持ち物を用意しなくても大丈夫です。

  1. 動きやすい服装
  2. 歩きやすい靴(普通のスニーカーで十分)
  3. 軍手(鎖を掴む時や岩肌を登る時にあると望ましい)
  4. 必要最低限の水(持っていき過ぎは重くなるのでNG)

服装は動きやすければなんでもいいです。

ただ、朝に登ると肌寒いこともあるので時期によっては上着の用意があるといいかも知れません。

靴もサンダルで登っている外国人もいるくらいなので裏が滑りやすくなければ歩きやすければなんでもいいです。

私は軍手を持っていませんでしたが特に困ることはありませんでした。

なのであるといいかな~位の感覚で大丈夫です。

水を1Lくらい持参することをすすめるサイトもありますが、相当に暑いとかでもなければ重いだけなので500mlもあれば十分です。

さいごに

ここまで読んで頂けたらエアーズロックの登山が危険なんていうのはウソとまでは言いませんが、大袈裟だということはわかっていただけたと思います。

主婦リス
2019年10月26日のエアーズロックの登山禁止の前に頂上の雄大な景色と記念碑を目指して是非登ってみてください。

くれぐれも先住民アボリジニの聖地だということを忘れず、ゴミを捨てたり非常識な行動は避けて下さい。