KYBデータ改ざん! 代替となる会社はある? 川金コアテックおまえもか!

免震・制振用オイルダンパーシェアトップKYBによる免震・制振装置データ改ざん問題で揺れています。

マンションから商業施設まで多くの建物で使用されているため、今後も影響の拡大が予想されます。

KYBは新規受注を取りやめ交換を優先すると発表しています。

新規受注の受け皿となる会社はあるか?

日本免震構造協会に登録している会社だけなので全てではありませんが、今回問題となった免震・制振用オイルダンパーを扱っている会社は少ないようです。

この中でシェアトップをがKYBでした。

出典:日本免震構造協会 制振関連企業一覧
http://www.jssi.or.jp/bussiness/kigyou_detail/to-rc-base.htm

川金コアテックとは?

川金コアテックとは東証2部に上場の株式会社川金ホールディングスのグループ会社で、建物や橋の免震・制振技術を持っている会社です。

免震・制震ダンパー納入の主な実績

玉川学園 大学教育棟2014
日本福祉大学東海キャンパス
あべのハルカス
名古屋クロスコートタワー
ホテル オーレ
市立吹田サッカースタジアム
萬通 台北2011(台湾)

出典:http://www.kawakinct.co.jp/deliveryrecord/dr_02.html

10月23日川金コアテックにもデータ改ざんがあったことが発覚しました。

川金ホールディングスは代替需要関連株として買いか?

10月19日(金)時点の終値と同日のPTS(時間外取引)の終値を見ると、
既に代替需要関連株として物色されているようです。

しかし、

  • 時価総額はまだ130億円と低いこと
  • KYBが新規受注を停止しているので受注が伸びる可能性が高いこと
  • 上場来高値を更新で上値にしこりがないこと

などもあり、長い目で見れば2020年の東京オリンピックまで実需要で徐々に株価が上がっていくと考えています。

グループ会社の川金コアテックにもデータ改ざんが発覚したため、代替需要としての思惑はなくなりました。

詳しい方のツイートによると、代替となる会社はないようです。