Pクイーンズブレイド3は期待できる!?|打ってみた感想・みんなの感想|4年ぶりとなるCRクイーンズブレイド2(QB2)の正統後継機




クイーンズブレイド2(QB2)が導入されたのが2015年10月。

4年の月日を経て2019年10月21日に遂に正統後継機であるクイーンズブレイド3(QB3)が全国に導入が開始されました。

途中美闘士カーニバルとかなんとか挟んだ気がするけど多分気のせい。。。

すご〜く個人的な感想を言うと、クイーンズブレイド2では数十万勝たせていただいていているのもあり大好きな機種なので、正統後継機のクイーンズブレイド3にもかなりの期待を寄せています。

ただ、パチンコは好きなだけで勝てる訳ではないので、クイーンズブレイド3は実際に期待できる機種なのかを見ていきたいと思います。



クイーンズブレイド3のスペック

クイーンズブレイド3のスペック

基本情報

大当たり確率:1/319.9
高確率時:1/49.8
ラウンド:2R・3R・4R・6R・7R・8R・10R
アタッカー:9カウント・15賞球
出玉性能:2R(252個)・3R(378個)・4R(504個)・6R(756個)・7R(882個)・8R(1008個)・10R(1260個)
※獲得出玉(払出し-打出し)
確変時平均出玉:約768個

大当たり振り分け(ヘソ入賞時)

3ラウンド通常:49.5%(電サポ回数70回)
3ラウンド確変:49.5%(電サポ回数100回)
7ラウンド確変:1.0%(電サポ回数100回)

大当たり振り分け(電柱入賞時)

2ラウンド確変:15.0%(電サポ回数100回)
4ラウンド確変:15.0%(電サポ回数100回)
6ラウンド確変:15.0%(電サポ回数100回)
7ラウンド確変:30.0%(電サポ回数100回)
8ラウンド確変:15.0%(電サポ回数100回)
10ラウンド確変:10.0%(電サポ回数100回)

確変突入率

約60% ※時短引き戻し込み

確変突入時の継続率

約86.8%

クイーンズブレイド3とクイーンズブレイド2の出玉性能の比較

前作クイーンズブレイド2との出玉性能の比較をしてみます。

クイーンズブレイド3 クイーンズブレイド2
確変突入率
※時短引き戻し込み
約60% 約64%
確変継続率 約86.8% 約79.5%
確変時平均出玉 768個 1,364個

クイーンズブレイド3は確変中の継続率はアップしていますが、確変突入率はダウンしています。

何より大きいのはミドルとライトミドルくらい差がある確変時の平均出玉です。

なぎさ
この違いがどう影響してくるか?



クイーンズブレイド3はクイーンズブレイド2と比べて勝ちやすい機種なのか?

確率通りに当たれば、確変突入時はクイーンズブレイド3とクイーンズブレイド2はさほど大きな違いはないかもしれませんが、確率通りにいかないことが多いのが世の常・・・

そう考えた時に当たり1回あたりの出玉が少ないクイーンズブレイド3は安定感に欠ける気がしています。

また、クイーンズブレイド3はラウンドの振り分けも多いので、振り分け次第では出玉が伸びない可能性もあります。

クイーンズブレイド2の大きな魅力の1つには、確変中の大当たりの70%が最大の16Rということで出玉が振り分けに左右されることが少なく安定していることでした。

今回その部分が失われてしまったのは勝ちやすさで考えた場合大きなマイナスポイント。

出玉が半分近くになった分、2倍継続してくれるなら問題ありませんがそうはいかないんじゃないかな・・・

確変突入率も初当たり時の出玉をダウンしているのでスペック的には辛くなり、クイーンズブレイド2と比べると勝ちにくい機種になってしまったのではないかという印象です。

旧基準のCR機と新基準のP機を比べるのは酷かもしれませんが、現状ホールに併設できる状態だとクイーンズブレイド3の魅力って・・・とは思ってしまいます。

新しい台がどんどん増えても出玉性能の高いCR真・北斗無双が人気があるのと同じ現象ですね。



クイーンズブレイド3を打ってみた感想

ほぼ専業で打っていたくらいクイーンズブレイド2が好きな私には好きになれない台でした。

スペックの辛さはどうであれ、クイーンズブレイド3しか打ったことがない人にとっては許容範囲なのかもしれませんが、クイーンズブレイド2に慣れている人の中には私と同じように拒否反応を起こす人がいると思います。

 

クイーンズブレイド3を好きになれない理由

  • ST中が入賞時や保留変化などの先読み待ちの台になってしまった
  • 左下(前回は右下)に表示される〇〇が勝てば激熱の演出の信頼度が下がった
  • 出玉が少ないラウンド振り分けが多いため出玉の安定感に欠ける
  • 出玉速度が遅くなった
  • 当たりラウンド中にほとんど歌が聞けない
  • 初当たりのラウンド中に電チュー保留が貯められないためヘソ落ちしやすい

クイーンズブレイド2のSTは保留や先読みに関係なく当たることが多いことと、16Rの振り分けが70%と高いため安定感と出玉スピードが速いのが最大の魅力でした。

また、右下に表示される〇〇が勝てば激熱の演出は勝てば名前の通り本当に激熱で、負けた場合も展開次第で当たることも多く、演出が出るだけでドキドキできる演出でした。

かなり打ち込んでいますが演出で勝利した場合、私はまだ1回しか外したことがありません。

これらの私が好きな部分がなくなってしまったことが打つ気になれない原因です。

クイーンズブレイド3で打った結果

初当たり7回で全てSTに突入と振り分けに突入と恵まれていましたが、初めのうちは全然連荘せず継続率詐称じゃないかと疑っていました。

しかし後半3回は平均以上連荘させることができ、最終的には平均連荘回数の7.6回に近い連荘数に落ち着きました。

時短引き戻しがあった1回は、確変中でも心配されているST1回点目のヘソ当たりでした。

今回は運よく確変をゲットできましたが、初当たりのラウンド中に電柱保留を貯められないので回避不可なのが怖い・・・

初当たり回数:7回

ST(確変)突入回数:7回(うち1回は時短からの引き戻し)

1回目:3連

2回目:4連(時短引き戻し)

3回目:4連

4回目:STスルー

5回目:9連(6,200玉)

6回目:14連(10,500玉)

7回目:25連(18,000玉)

クイーンズブレイド3の画像

準備中

クイーンズブレイド3のみんなの感想

冒頭で期待していると言いながら結局酷評してしまいましたが、他の方はどう思っているのでしょうか?

他にも酷評する意見が多数。

如何せんスペックが辛過ぎる。。。

クイーンズブレイド3は新しいキャラクターや演出も増え楽しみなところはありましたが、スペックを辛くし過ぎた故に既に短命に終わりそうな予感です。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。