エックスサーバーを解約してもキャンペーンドメインの移管は不要|ブロガーやアフィリエイターが勘違いしがちなこと②

サイトやブログを運営している方ならXSERVER(エックスサーバー)の

キャンペーンドメインを取得したことがある方も多いのではないでしょうか?

キャンペーンドメインの特徴
  • ドメインの新規取得または移管費用が無料
  • エックスサーバーを契約中は永続的に更新料が無料

上記のようにドメインの取得費用や更新料金もかからないので、
初心者にとても嬉しい内容になっています。

主婦リス
さすが人気NO1のエックスサーバー



ただ、他のサーバーに変えたいと思った時に生まれる疑問が

エックスサーバーを解約したらキャンペーンドメインはどうなるの?

疑問にお答えすると

  • エックスサーバーを解約してもキャンペーンドメインは継続して使用できる
  • ドメインの移管の必要はない
  • Xdomain(エックスドメイン)に移行ができる

ということでエックスサーバーのサーバー契約を解約しても、キャンペーンドメインは引き続きエックスサーバー上で使用・管理ができます。

本当は怖いドメインの移管

ドメインの移管が必要ないことの説明の前に、なぜ私がドメインの移管が必要かを気にしているのかというと、

メインの移管を行うにはWHOIS情報の代理公開の解除が必要になるからです。

Whois情報とは

ドメインをどなたが所有しているか確認することができる情報となります。
お名前.comのご契約情報とは別にドメイン毎に情報が登録されています。

Whois情報公開代行とは?

Whois情報をプライバシー保護などの観点から非公開としたい場合にお申込いただくサービスとなります。

お申込いただきますと、お客様の情報ではなくお名前.comの用意した別の情報が
Whois情報上に表示されます。

引用:お名前.com

つまり、WHOIS情報の代理公開の解除を行うということは個人情報をネット上に公開することになります。

ドメインの移管が完了するまでの数日の間この状態が続くので、個人情報漏洩の観点から不安視していました。

エックスサーバーを解約してもキャンペーンドメインの移管が不要な理由

エックスサーバーを解約してもキャンペーンドメインの移管が不要な理由は

  • サーバー利用契約とドメインの契約は別なので、サーバー利用契約のみの解約ができる
  • 解約後もエックスサーバー上でドメインの管理ができる
  • Xdomain(エックスドメイン)に移行ができる(移管とは別)

となります。

サーバーを変更したい場合は、エックスサーバーの利用契約のみ解除を行い、キャンペーンドメインで取得した独自ドメインの更新料を支払うことで、リスクを負ってドメインの移管をすることなくキャンペーンドメインで取得した独自ドメインを継続して使用できます。

この点が勘違いしている方も多いと思う箇所で、当の私もCnoHa WINGにサーバーを変更する際ドメインの移管をしてしまいました。

なぎさ
ここでお得な情報を1つ教えますね!

キャンペーンドメインで取得した独自ドメインはエックスサーバーでの管理となりますが、実は同じ会社が運営しているエックスドメインの方が更新料が安いです。

.comの更新料金
エックスサーバー 1,620円(税込)
エックスドメイン 1,274円(税込)

最近エックスサーバーとエックスドメインはシステムの統合をして、エックスサーバー上でのドメインの管理はエックスドメインで行うことに変更になりました。

その中で、エックスサーバーエックスドメインに限り通常のドメインの移管とは異なりドメインの移行が行えます。メリットは

  1. 更新料金がエックスサーバより安い
  2. Whois情報の代理公開の解除が不要
  3. Whois情報のご自身の情報への変更が不要
    ※通常アドレスをご自身のものに変更します

となります。

主婦カピ
このことをもっと早く知っていたら…

まとめ

  1. エックスサーバー解約後もキャンペーンドメインは引き続き利用できる
  2. ドメインの移管には個人情報漏洩のリスクがある
  3. エックスサーバーからエックスドメインへリスクなしで移行ができる

キャンペーンドメインの更新料金が無料で使える特典はなくなってしまいますが、ドメインの移管の必要もないので、エックスサーバーよりも魅力的なサーバーを見つけたらどんどん試してみてください!